注目選手

変幻自在なプレーが半端ない!堀江翔太の凄さと経歴まとめ【ラグビーW杯2019日本代表】

堀江翔太のすごさと経歴

堀江翔太2019年9月20日からラグビーワールドカップ日本大会が開幕する。

前回のラグビーワールドカップでは、強豪南アフリカに勝つという歴史的な勝利をおさめた日本代表。今回のワールドカップでも活躍を期待している人も多いはずだ。

今回のラグビーW杯の候補メンバーとして選ばれている日本代表選手の中でも、世界最高峰のスーパーラグビーで実力を認められている半端ない強さを持つ選手がいる。それが堀江翔太選手だ。

堀江翔太選手はテレビ番組にも出演しているし、最近は特徴的なドレッドヘアで印象に残っている人も多いのではないだろうか。

うさぎさん
うさぎさん
あ、堀江選手ってもしかしてテレビで井上陽水のモノマネしてた人でやんすか?!
まめぞう
まめぞう
それは畠山選手だな!人違いだ!

これまでにも注目選手について紹介しているが、今回は日本代表の中心選手である堀江翔太選手について、これまでの経歴やその凄さを余すところなくお伝えしたい。

堀江翔太選手の凄さと経歴

まずは、堀江翔太選手のプロフィールから。

まめぞう
まめぞう
堀江選手はInstagramやTwitterもやってるぞ!要チェックだ!

堀江翔太のプロフィール

名前 堀江翔太(ほりえ しょうた)
所属チーム 日本代表、パナソニックワイルドナイツ、サンウルブズ
身長 180cm
体重 104kg
生年月日 1986年1月21日(33歳)
出身地 大阪府
ポジション フッカー(HO)
出身校 島本高校、帝京大学
ニックネーム しょうた、ホリエ
好きな食べ物 オムライス、ジェノベーゼ
好きなブランド オニツカタイガー

2011年、2015年のラグビーワールドカップにも出場した日本代表の中心選手の1人で、今回のワールドカップに出ると3度目の出場となる。

また、「宝物は家族」と答えるほど家族想いな人柄でも有名だ。

うさぎさん
うさぎさん
テレビで奥さんと「Love you!」って言い合ってるの見やした!
まめぞう
まめぞう
仲のいい家族でうらやましい限りだ!トレードマークのドレッドヘアも奥さんに編んでもらっているんだぞ!

堀江翔太のこれまでの経歴

堀江翔太選手は実はもともとはサッカーをしていたが、「太ってきた」という理由で小学5年からラグビーを始めたんだそう。

中学時代はバスケットボールもプレーしていたが、島本高校からはラグビーに専念するように。高校卒業後は、ラグビーの名門として有名な帝京大学に進学し、4年次には主将を務めた。

堀江翔太選手はスーパーラグビーの「レベルズ」でプレーするなど経験豊富で、ラグビーIQが高い選手として名高い。

スーパーラグビーって?

南アフリカ共和国(SA)、ニュージーランド(NZ)、アルゼンチン(A)、オーストラリア(AR)で組織される「SANZAAR」により運営されるラグビーの国際リーグ戦。
引用元:J SPORTS スーパーラグビーとは

ポジションはフッカー。

まめぞう
まめぞう
フッカーについてはポジション別の役割で詳しく解説しているぞ!
ラグビーのポジション解説
【ラグビー】ポジション別の役割を徹底解説!背番号はどう決まっている?「ラグビーのポジションってどんなのがある?」ラグビーワールドカップ2019の開幕を控え、観戦の前にラグビーのルールが知りたいと思っている人も多いのではないだろうか。実はラグビーは、各ポジションの役割が大きく異なるのが特徴だ。そこで今回は、ラグビーのポジション別の役割や求められるスキルについて解説をする。...

堀江翔太選手は、日本人のフォワードとして初めてスーパーラグビーに出場した選手。43試合に出た最多出場を誇る選手だ。

前回ワールドカップの前に頸椎椎間板ヘルニアを発症し、首の手術を行った。左手の握力が低下するなど出場が危ぶまれたが懸命なリハビリの結果、日本代表としてワールドカップに出場した。

まめぞう
まめぞう
そして南アフリカ戦であの歴史的な勝利に貢献したんだぞ!

2016年には新たにスーパーラグビーに参加するサンウルブズ初代キャプテンを務めるなど、世界レベルで活躍してきた選手だ。

▼堀江翔太の経歴年表▼

2001年 島本高校ラグビー部
2004年 帝京大学ラグビー部、大学選手権ベスト4
2008年 NZ・カンタベリーアカデミーに留学
三洋電機ワイルドナイツに所属
2009年 日本代表でカナダとのテストマッチで初キャップ
トップリーグのベスト15に選出
2010年 トップリーグの年間最優秀選手(MVP)に選出
トップリーグのベスト15に選出(2年連続)
2011年 ラグビーワールドカップ2011の日本代表に選出
2013年 スーパーラグビーの「レベルズ」に入団
2014年 「パナソニックワイルドナイツ」で主将を務める
ジャパンラグビートップリーグと日本選手権で優勝(初の二冠)
2015年 ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選出
2016年 「サンウルブズ」の初代キャプテンを務める

堀江翔太の凄さ

堀江翔太選手といえば、ラグビーIQの高い変幻自在なプレーが特徴的だ。

フッカーというポジションにもかかわらず、パス・ランニング・運動量に優れていて得点にも絡めてしまうプレイヤーなのだ。

うさぎさん
うさぎさん
フッカーってどういうポジションなんですかい?
まめぞう
まめぞう
フッカーはスクラムの1番真ん中にいるポジションだぞ!

フッカー(HO)は、スクラムで最前列中央で相手フォワード(FW)と組み合うポジションだ。そのため、プロップと同じくがっしりとした体形に加え、器用さも求められるポジションだ。
引用:【ラグビー】ポジション別の役割を徹底解説!背番号はどう決まっている?

フッカーは、スクラムの強さやスクラムをコントロールする技術が必要となる。

まめぞう
まめぞう
堀江選手は世界でも3本の指に入る技術を持つフッカーだぞ!

また、フッカーは「ラインアウトでボールを投げ入れる」という役割もあるのだが、このボールを投げ入れるプレーが技術が必要でとても難しい。

堀江選手の凄さはフッカーというポジションでありながら、ボールを持てばパス、キック、ランニングをし、トライに絡んでいく能力を持っていること。

まめぞう
まめぞう
こんなプレイができる選手は世界でもそうはいないぞ!

フォワードでありながらバックスのような高いスキルを持ち、スクラムやラインアウトを安定させるために堀江選手の役割はとても大きい。

また、堀江選手はラグビーのレベルの高さだけでなく、日本のラグビーのレベルを上げるために自らのポジションを変えるなど、日本ラグビー界への愛があふれる選手でもある。

堀江選手は日本のラグビーのためにポジションを変えている。堀江選手は大学までフランカーやナンバーエイトというポジションをやっていたが、社会人でプレーするにあたりポジションをフッカーに変えた。その理由は「日本ラグビーのレベルを上げるには器用なフッカーが必要だから」だったのである。
引用元:【ラグビー】サンウルブズ「堀江翔太」、全てのプレーが高い水準にいる選手はそうはいない

ラグビー選手としての経験、技術の高さ、そして日本のラグビー界を思う熱い気持ちを持つ頼れる選手として日本代表チームを引っ張る存在だ。

これまでの受賞歴

2009-10トップリーグベスト15
2010-11トップリーグベスト15 リーグ戦MVP
2011-12トップリーグベスト15
2013-14トップリーグベスト15
2014-15トップリーグベスト15
2015-16トップリーグベスト15 リーグ戦MVP
2017-18トップリーグベスト15

堀江翔太の凄さと経歴まとめ

堀江翔太選手は、フッカーというポジションでありながらも、スクラムだけでなくパスやキックの技術などすべてのプレイの水準が高い世界に誇れるオールラウンドプレーヤーだ。

まめぞう
まめぞう
スーパーラグビーで培った創造的で変幻自在なプレーが堀江選手の最大の魅力だな!

また、日本ラグビーのために自らのポジションを変更したり、家族思いだったりと優しい人柄も応援したくなる選手だ。