ラグビー基本情報

ラグビーワールドカップ日本代表に外国人選手が多いのはなぜ?理由や増えたきっかけまとめ【ラグビーW杯2019】

日本代表に外国人選手が多い理由

いよいよ2019年9月20日から開催されるラグビーワールドカップ2019。今回は開催国が日本ということもあり、前回大会以上の盛り上がりを見せるのは必至だ!

今回のラグビーワールドカップの日本代表メンバーに興味を持っている人も多いだろう。

日本代表メンバーを調べてみると、外国出身選手が多いことに疑問を持つ人もいるのではないだろうか?

うさぎさん
うさぎさん
たしかに、海外にルーツを持つ選手がとても多いですねぇ

どうしてラグビーワールドカップ日本代表は外国人選手が多いのだろうか?

今回は、ラグビー日本代表に外国人選手が多い理由と、外国人選手が多くなったきっかけについて調査した。

まめぞう
まめぞう
外国出身だろうと日本代表選手として誇りをもって戦っているのは一緒なんだぞ!

【ラグビーワールドカップ日本代表】外国人選手の割合は?

前回の2015年ラグビーワールドカップイングランド大会では、日本代表は31人中10人が外国出身だった。

まめぞう
まめぞう
1/3が外国人選手だったんだな!

ルールがあるわけではないが、先発15人の中に海外出身選手が5~6人というのは近年の日本代表の基本線になっている。
出典:日本代表躍進の土壌築いた平尾誠二さんの功績

2019年のラグビーW杯の日本代表メンバーはまだ確定していないが、候補選手42人をみると、今回も外国にルーツを持つ選手は多くなりそうだ。

▼2019年のラグビーワールドカップ日本大会の代表候補メンバーはこちら

ラグビーワールドカップ日本代表に外国人選手が多いのはなぜ?

ラグビー日本代表に外国人選手が多いのは、ラグビー特有のルールが関係している。

ラグビーでは、以下の3つの条件のうちひとつでもクリアすれば代表資格があたえられる。

日本代表資格の条件

①出生地が日本
②両親または祖父母のうち1人が日本出身
③日本に3年以上継続して居住している
※③の条件については、2020年12月31日からは、5年以上の条件に変更予定

特に③の条件は「その国で3年以上プレーすれば代表になることができる」というルールで代表資格があたえられるということ。

うさぎさん
うさぎさん
え!その国でプレーするだけでいいんですかい?他のスポーツでは国籍が必要な気がしやすが…
まめぞう
まめぞう
ラグビーの場合は、その国に居住していれば国籍はなくてもいいんだぞ!

ラグビーの代表資格には、(1)その国・地域生まれ(2)両親か祖父母の1人がその国・地域生まれ(3)36カ月以上、継続してその国・地域に居住――の3要件があり、どれか一つを満たせばいい。
8月末に発表されたW杯日本代表候補47人を、主に育った地域別に分けると、日本29、ニュージーランド6、南アフリカ4、トンガ4、豪州2、フィジー1、韓国1。七つの国にルーツを持つ集団となっていた。

出典:2018年9月20日朝日新聞朝刊:ぶつかり合う、最高峰の力と技 ラグビー日本W杯まで1年、五郎丸歩に聞く

そのため、日本で3年以上プレーしてさえいれば、外国出身選手もワールドカップの日本代表になることができる。

まめぞう
まめぞう
これはラグビー特有のルールなんだ!

極端な話、ルール上はラグビーワールドカップ日本代表の選手全員が外国人でもOKだ。とはいえ、あまりにも外国人選手が多いと批判の対象となってしまうこともある。

うさぎさん
うさぎさん
過去にそういうことがあったんですかい?
まめぞう
まめぞう
実は昔は複数の国の代表メンバーになることができたんだぞ!
平尾ジャパンのときに元オールブラックスの選手を日本代表に起用して海外メディアに批判されたことがあったな

日本の国籍がいらないルールはラグビーワールドカップの代表のみ

国籍がなくても日本代表になれるのはラグビーワールドカップのみで、オリンピック代表になるためには日本国籍が必要になる。

まめぞう
まめぞう
ラグビーワールドカップの日本代表とオリンピックの日本代表は話が別ってことだ!

ある国の代表になると、他の国では代表になることはできない

「3年以上プレーすればその国の代表選手になることができる」というのは、条件がゆるいような気がするが、外国人選手も生半可な気持ちで日本代表入りしているわけではない。

というのも、彼らは日本代表になった時点で他の国の代表になることはできないからだ。

前回のラグビーワールドカップ2015のときに、五郎丸選手がTwitterで発信した内容が話題になったことがある。

「彼らは母国の代表より日本を選び日本のために戦っている最高の仲間だ。国籍は違うが日本を背負っている。」というのは、海外出身の選手は日本代表になった時点で、自分たちの母国の代表になることはできないということを意味している。

まめぞう
まめぞう
だから、外国出身の選手だとしても日本代表として本気で戦っているんだぞ!

ラグビーだけの特別ルールができたきっかけ

うさぎさん
うさぎさん
そもそもどうしてラグビーだけこんなルールができたんですかい?
まめぞう
まめぞう
ラグビー特有のルールができたのには、「イギリス」が関係しているんだぞ!

ラグビーは、イギリスの植民地時代に世界各国に広まった競技。植民地でラグビーを広めるなかで、「イギリス人がどの国でも代表になることができる」ように、その国の国籍がなくても3年以上プレー歴があれば代表になることができるというイギリス中心のルールが作られたのが理由だといわれている。

このルールのもと、自国以外の選手を代表メンバーとして起用する国が増えた。日本代表選手に外国人選手が増えてきたのは、1998年の平尾ジャパンがきっかけ。

まめぞう
まめぞう
平尾監督は日本のラグビー界の「国際化」を起こした人だぞ!

海外出身の選手をさらに積極的に活用。それまでは先発15人中、3人程度の起用にとどまっていたが、平尾さんが率いた99年W杯ウェールズ大会の3試合の平均は5.67人に達した。
出典:日本代表躍進の土壌築いた平尾誠二さんの功績 

平尾ジャパンでは、日本代表として史上初めて外国人選手であるアンドリュー・マコーミックがキャプテンとして指名された。

うさぎさん
うさぎさん
さっき「昔は複数の国の代表メンバーになることができた」って言ってやせんでしたか?
まめぞう
まめぞう
その通り!1999年には、ジェイミー・ジョセフ選手が日本代表として入ったりしたんだ!
うさぎさん
うさぎさん
ジェイミー選手といえばオールブラックスで活躍していた選手じゃないですか
まめぞう
まめぞう
ちなみに、ジェイミー選手は今回のラグビーW杯のヘッドコーチを務めるんだぞ!

この時には、ジェイミー・ジョセフ選手以外にもグレアム・バショップ選手といったニュージーランドで活躍した選手が日本代表に入ったことから、海外メディアから「チェリーブラックス」(日本代表の愛称「チェリーブロッサム」とニュージーランド代表の愛称「オールブラックス」を文字っている)と揶揄された。

まめぞう
まめぞう
そんなこともあって、その後「2か国の代表選手になることは禁止」というルールができることになったんだぞ!

ラグビーワールドカップ日本代表に外国人選手が多い理由まとめ

ラグビーワールドカップ日本代表に外国人選手が多いのは、「国籍がなくてもその国で3年以上プレーしていれば代表になることができる」というラグビー特有のルールがあるから。

まめぞう
まめぞう
何度も繰り替えすが、外国出身選手も日本代表として誇りをもって戦っていることは忘れてはいけないぞ!

現在は2か国の代表選手になることは禁止されている。つまり、外国出身選手は日本代表になった時点で自分の母国の代表選手になる道はなくなる。前回のラグビーW杯では、日本代表選手全員で肩を組んで日本の国歌である「君が代」を熱唱したシーンに胸を打たれた人がたくさんいたはずだ。

うさぎさん
うさぎさん
日本代表の外国人選手に対して君が代の特訓をしたのはリーチ・マイケル選手なんですよね!
まめぞう
まめぞう
その通り!リーチ・マイケル選手は日本代表のキャプテンとして日本人選手と外国人選手をまとめているんだぞ!

日本人選手も外国人選手も日本代表として戦っているのは同じ。ぜひラグビーW杯日本大会も日本代表の活躍を応援しよう!