注目選手

【ラグビー日本代表キャプテン】リーチ・マイケルの凄さと経歴まとめ!その強さの秘訣は?

リーチマイケルのすごさ

リーチマイケル
ラグビー日本代表のキャプテンを任されているリーチ・マイケル。2015年のワールドカップでもキャプテンを務め、南アフリカ戦での歴史的勝利など日本代表の活躍に大きく貢献した選手だ。

まめぞう
まめぞう
2019年のラグビーワールドカップでも日本代表の大黒柱として大きな期待を寄せられているぞ!

今回は、リーチ・マイケルの凄さやこれまでの経歴、その強さの秘訣を紹介する。

【日本代表キャプテン】リーチ・マイケルの凄さと経歴

まずは、リーチ・マイケルのプロフィールとこれまでの経歴について紹介する。

まめぞう
まめぞう
趣味まで深堀りだ!

プロフィール

名前 リーチ・マイケル(Michael Leitch)
所属チーム 日本代表、東芝、サンウルブズ
身長 190cm
体重 105kg
生年月日 1988年10月7日(31歳)
出身地 クライストチャーチ(ニュージーランド)
ポジション ナンバーエイト(NO8)、フランカー(FL)
テストデビュー 【2008年11月16日】日本 vs アメリカ
出身校 札幌山の手高校、東海大学
趣味 ハンティング、釣り、トレッキング(一番好きなのは鰻釣り)
ニックネーム Reach

リーチ・マイケルの出身地は、数々のラグビーのスター選手を生み出してきたニュージーランドのクライストチャーチ。ニュージーランド出身の父と、フィジー出身の母との間に生まれ、ラグビー好きな母の影響で5歳からラグビーを始めている。

15歳の頃に留学生として来日し、2013年には日本に帰化。現在は日本国籍を保有している。

リーチ・マイケルは日本だけに限らず、スーパーラグビーでも活躍を見せた経験豊富な頼れるリーダーだ。

日本代表チームのキャプテンを務めた2015年のワールドカップでは、南アフリカ戦の歴史的な勝利をもたらした立役者だ。

うさぎさん
うさぎさん
2015年の南アフリカ戦でラグビー人気が一気に高まりやしたね
まめぞう
まめぞう
日本代表チームのここ数年の活躍に大きく貢献している選手だ!

リーチ・マイケルの活躍はラグビーだけにとどまらず、カフェの経営や留学生のために基金を設立するなど慈善活動にも力を注いでいる。

リーチ・マイケルのこれまでの経歴

リーチ・マイケルのラグビー代表歴やこれまでの経歴について紹介する。

主なラグビー代表歴

・高校日本代表
・U20日本代表
・7人制日本代表
・日本選抜
・日本代表(キャップ59)

受賞歴

・2011-12トップリーグ新人賞/ベストフィフティーン
・2012-13ベストフィフティーン
・2014-15ベストフィフティーン
・2015-16ベストフィフティーン
・2017-18ベストフィフティーン

▼リーチ・マイケルの経歴年表▼

1993年 5歳で、ラグビーを始める
2002年 クライストチャーチにあるセント・ビーヅ・カレッジに入学
2004年 札幌山の手高校に留学
2006年 高校日本代表に選出される
2007年 東海大学に入学
2008年 7人制日本代表、U20日本代表に選出
11月に名古屋でのアメリカ戦に日本代表でデビュー
2011年 東芝ブレイブルーパスに入団
ニュージーランド開催のW杯で活躍
2013年 スーパーラグビーの強豪チーフススコッドに入団
2014年 ラグビー日本代表のキャプテンとして任命される
2015年 チーフススコッドに再加入し、スーパーラグビーデビュー(新人賞受賞)
ラグビーW杯で日本代表のキャプテンを務める
2015W杯ベストフィフティ—ンの8番とキャプテンとして選ばれる
2017年 日本代表チーム「ブレーブブロッサムズ」で戦うために日本へ戻る

リーチ・マイケルはセントビーヅカレッジというカトリック系の男子校に通っており、姉妹校関係を利用して2004年に札幌山の手高校に留学生として来日している。

2008年には東海大学の在学中に、ラグビージュニア世界選手権(ワールドラグビーU20選手権)に日本代表として出場を果たす。

東海大学卒業後の2011年には東芝ブレイブルーパスに入団し、同年のワールドカップで目覚ましい活躍を見せた。

2013年にはニュージーランドのハミルトンを拠点にするスーパーラグビーのチーフススコッドの強化合宿メンバーに起用されたが怪我が続き、そのシーズンの試合に出場することはかなわなかった。

しかし、2015年に再び声がかかり再加入。チーフススコッドでのプレーは高い評価を受け、初シーズンでルーキーオブザイヤーに選ばれることになった。

現在は、スーパーラグビーのサンウルブズ とトップリーグの東芝ブレイブルーパスで活躍中。

まめぞう
まめぞう
日本代表チームのキャプテンでもあり、日本ラグビー界全体を牽引(けんいん)する代表的な選手の1人だぞ!

リーチ・マイケルの凄さ:冷静なキャプテンシー

ラグビーワールドカップ君が代
出典:J CASTニュース

いまのラグビー日本代表候補には、外国人選手も多く選ばれている。多様なルーツをもつ選手をまとめているのが、自らも外国出身であるキャプテン、リーチ・マイケルだ。

2015年のラグビーW杯では日本代表31人中10人がニュージーランドやオーストラリアなどの海外出身の選手だったが、選手全員で肩を組み「君が代」を熱唱する姿にツイッターで感動の声がたくさん寄せられた。

この背景に、リーチ・マイケルのキャプテンとしての特訓の成果がある。日本の国歌である「君が代」の意味を代表候補の外国人選手に教え、全員で歌うように提案していたのだ。

この行動についてリーチ・マイケルはインタビューで次のように語っている。

ラグビーというスポーツはパッション(情熱)がとても大事です。そして愛国心も。その面で、国歌を唄うことも大事なんです。僕は君が代を唄うとき、責任感と、15歳で日本に来て今もラグビー界のトップにたっているという誇りとプライドをものすごく感じます。

引用:ラグビー日本W杯2019観戦術 インタビューより抜粋

「日本人以上に礼儀正しい」と評されるリーチ・マイケルだが、試合になれば大きな外国人選手相手にもひるまずに突っ込んでいき、チームメイトを勇気づける精神的支柱だ。

2015年ラグビーワールドカップで日本の指揮官をつとめたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)はそんなリーチ・マイケルを、「日本に必要なキャプテンシーだ」を評価している。

まめぞう
まめぞう
しかも、リーチ・マイケルは日本語も英語も堪能なんだ!
うさぎさん
うさぎさん
日本代表メンバーには外国選手が多いから大切なスキルですねぇ
まめぞう
まめぞう
海外のレフェリーや外国人選手ともコミュニケーションがとれるのもキャプテンとしてのすごさだぞ!

リーチ・マイケルの凄さ:問答無用で突き進む別格フォワード

リーチ・マイケルのポジションである「ナンバーエイト(NO8)」といえば、チーム一番の暴れん坊ポジションだ。

ナンバーエイト(NO8)は、フォワードを最後方からコントロールする攻守の中心選手が務めるポジションだ。ナンバーエイトは、フランカーと同様に走り回りながら、アタックでの強力な突破力や前進力が求められるポジションでもある。

引用:【ラグビー】ポジション別の役割を徹底解説!背番号はどう決まっている?

リーチ・マイケルのプレーは、激しいコンタクトの中でも的確な判断が光る。

まめぞう
まめぞう
フォワード戦で優位に立つためのカギをにぎるポジションだぞ!
うさぎさん
うさぎさん
ラグビーはポジションによって役割が全然違うんですかい?
まめぞう
まめぞう
その通り!ラグビーのポジションについては「【ラグビー】ポジション別の役割を徹底解説!背番号はどう決まっている?」で詳しく解説しているぞ!
ラグビーのポジション解説
【ラグビー】ポジション別の役割を徹底解説!背番号はどう決まっている?「ラグビーのポジションってどんなのがある?」ラグビーワールドカップ2019の開幕を控え、観戦の前にラグビーのルールが知りたいと思っている人も多いのではないだろうか。実はラグビーは、各ポジションの役割が大きく異なるのが特徴だ。そこで今回は、ラグビーのポジション別の役割や求められるスキルについて解説をする。...

【ニュージーランド出身ならでは】強さの秘訣

ラグビー選手としていいパフォーマンスをするためには、トレーニングはもちろん、日頃の体調管理が欠かせない。リーチ・マイケルの強さを支える意外なものがある。

それは「マヌカハニー」だ。

うさぎさん
うさぎさん
マヌカハニー?聞いたことあるような?
まめぞう
まめぞう
マヌカハニーはさまざまな効果が知られていて「奇跡のはちみつ」とよばれているんだ!

リーチ・マイケル自身、マヌカハニーは毎日の食卓に欠かせないと絶賛しているのだ。

それもそのはず、マヌカハニーはリーチ・マイケルの出身地であるニュージーランドに自生するマヌカの花から採れるはちみつのこと。

うさぎさん
うさぎさん
日本人にはあまりなじみがないけど、ニュージーランド出身のリーチ・マイケルにとっては身近な食べ物なんですねぇ
まめぞう
まめぞう
あまりにもいろいろな効果があるものだから、最近では日本でも積極的に生活に取り入れている人が増えているぞ!
マヌカハニーのすごさ

・疲労回復
・強い抗菌力と殺菌力
・風邪の予防
・ピロリ菌の殺菌
・虫歯や歯周病対策
・切り傷や火傷の傷口の汚れを吸い上げて除去
・ニキビの原因となる悪玉アクネ菌の増殖を緩和
・ガンの予防や治療に効果が期待
など多数

\リーチ・マイケルの奥さんもおすすめのマヌカハニー/

まめぞう
まめぞう
類似品もあるから買うときには気を付けるんだぞ!

ちなみに、リーチ・マイケルにはラグビー選手以外に「cafe+64(カフェプラスシックスティフォー)」というカフェの経営者という一面を持っている。

2015年7月1日にオープンしたこのカフェは、奥様のリーチ・知美さんと一緒に営業しているのだが、ここでもマヌカハニーを使ったメニューが用意されている。

まめぞう
まめぞう
とても評判のいいカフェだから、気になる人はぜひ行ってみてほしいぞ!
リーチマイケルのカフェ
リーチ・マイケル選手が経営するカフェって?気になるメニューや評判まとめラグビー日本代表キャプテンのリーチ・マイケル選手は、ラグビー選手とは別にカフェの経営者という一面も持っている。 ...

リーチ・マイケルの凄さと経歴まとめ

ニュージーランド出身ながら、日本国籍を取得し、日本代表としてプレーをするリーチ・マイケル。

多様な文化を持つ選手をまとめあげるキャプテンとしての高い能力、自分よりも大きな外国人選手相手にも果敢に戦うフィジカルとメンタルの強さが、リーチ・マイケルの凄さだ。

まめぞう
まめぞう
スーパーラグビーでも活躍をして超実力派の頼れるリーダーだ!

ラグビー選手としてだけではなく、カフェを経営している意外な一面や慈善活動を行う姿勢は魅力がたくさんある。

リーチ・マイケルだけに限らずぜひいろいろな選手のことを知って、ラグビー日本代表を応援しよう!