注目選手

【ハイレベルなランとステップに注目】松島幸太朗(ラグビー選手)の凄さがわかる経歴まとめ|ラグビーW杯日本代表2019

松島幸太朗

ラグビーワールドカップ2019でプールA一位通過を決め、目標であったベスト8を達成し、ますます盛り上がりを見せる日本代表。

その中でも期待されている選手の1人が、背番号15番フルバック(FB)の松島幸太朗(まつしま こうたろう)選手だ。

初戦のロシア戦で3トライの大活躍をし、日本代表史上初のハットトリックを達成するなど、世界ランク2位のアイルランドにも「100パーセント危険な男」と警戒されるほどの実力の持ち主だ。

まめぞう
まめぞう
今回はそんな松島幸太朗選手の凄さを紹介するぞ!

【ラグビー日本代表の期待の星】松島幸太朗の凄さ

松島幸太朗選手のポジションは背番号15番の「フルバック(FB)」

うさぎさん
うさぎさん
「フルバック(FB)」ってどんなポジションなんでやんすか?
まめぞう
まめぞう
「フルバック(FB)」はディフェンスの最後の砦で、BK(バックス)陣を統率する役割だぞ!

フルバック(FB)は、最後尾にいるディフェンスの要で、BK(バックス)陣を統率する役割を持っている。アタックでは攻撃参加、ディフェンスでは最後尾で防御ラインを統率しつつ、最後の砦になるポジションだ。
【ラグビー】ポジション別の役割を徹底解説!背番号はどう決まっている?

ただし、松島幸太朗選手はフルバック(FB)だけでなく、敵陣に走りこんでいきトライを狙うウィング(WTB)、ウィング(WTB)のトライをアシストをするセンター(CTB)としてもプレーができる万能バックスだ。

まめぞう
まめぞう
おまけに松島幸太朗選手はタックルまで強いんだぞ!
うさぎさん
うさぎさん
ラグビーワールドカップ2019でもナイスタックルがたくさんありやしたね!

そんな万能バックスの松島幸太朗選手だが、特に注目してほしいのが「ラン」「ステップ」だ。

まめぞう
まめぞう
軽快なステップでカウンターアタックを仕掛ける姿は圧巻だ!

この驚異的なランやステップを支えているのは、お尻の筋肉なんだとか。

まめぞう
まめぞう
他の日本代表メンバーにも褒められる筋肉の持ち主なんだ!

 

松島幸太朗選手のプロフィール

名前 松島 幸太朗(まつしま こうたろう)
所属チーム 日本代表、サントリー
身長 178cm
体重 88kg
生年月日 1993年2月28日(26歳)
出身地 南アフリカ共和国プレトリア
ポジション センター(CTB)、ウィング(WTB)、フルバック(FB)
出身校 桐蔭学園高等学校
ニックネーム マツ、まっちゃん
好きな食べ物 カレー
苦手な食べ物 きのこ

松島幸太朗選手はジンバブエ人の父と日本人の母を持ち、父親の仕事先であった南アフリカ出身。6歳までは南アフリカ、小学生からは東京で過ごしている。

実は松島幸太朗選手がラグビーを始めたのは比較的遅く、12~13歳の頃。

まめぞう
まめぞう
家族でラグビーをやっている人はおらず、ラグビーを始める前はサッカーをプレーしていたんだそうだ!

中学生の頃に南アフリカへ留学した際にラグビーと出会い、帰国後に早稲田クラブに入り本格的にラグビーを始めることに。

その後、桐蔭学園高校に進学し、冬の全国大会(花園)で自陣ゴール前から約100mをひとりで走りきって挙げた伝説の「100メートル独走トライ」を決めるなど、このころから日本人離れした身体能力を見せつけていた。

2015年にはラグビーワールドカップ日本代表に選出され、南アフリカ戦でフル出場し五郎丸歩のトライをアシストするなど勝利に貢献。

今回のラグビーワールドカップ2019でも、日本代表史上初の初戦で3トライ(ハットトリック)を決めるなどの活躍を見せている。

松島幸太朗選手の経歴まとめ

松島幸太朗選手の凄さは、なんといっても爆発的に加速する「ラン」と目の前から消えるとも評される軽快な「ステップ」だ。

ラグビーワールドカップ2019でもすでに大活躍を見せているが、決勝トーナメント、その後の東京オリンピックなどでも活躍を期待される世界基準の選手だ。

まめぞう
まめぞう
今後の活躍にも注目してほしいぞ!